花嫁と教会

女性の服装

女性が結婚式に参加する場合の服装は、新婦より目立たないということを意識しましょう。全身白のドレスや、肩を出したドレスなどは控えるようにしましょう。白のドレスであれば、落ち着いた色の羽織モノを用意するとよいでしょう。

この記事の続きを読む

男性の場合

男性が結婚式に参加する場合も、様々な服装のマナーがあります。黒っぽい落ち着いた色のスーツを着用すると良いでしょう。ネクタイの色や、シャツの色などにもマナーがありますので、把握しておきましょう。

この記事の続きを読む

結婚式のマナー

人生に一度の晴れ舞台が結婚式です。育ててくれた両親や、お世話になった方の前で、パートナーと永遠の愛を誓う大切なイベントです。
このような結婚式に参列する機会は非常に多くあります。結婚式に参加するにあたって、新郎新婦に失礼があってはいけません。
招待されて参加するとはいえ、お客のつもりで結婚式に参列しないように心がける必要があります。結婚式を成功させるためのエキストラの一人として参列する意識を持ちましょう。
冠婚葬祭の中でも、結婚式に関するマナーは重要です。失礼があったり、マナー違反があった場合は新郎新婦が気分を害するだけでなく、周囲の人からの評価が下がってしまうことも考えられます。
そのような事がないように、マナーを抑えておきましょう。

結婚式のマナーとして、迷ってしまうのがご祝儀のマナーなどです。ご祝儀をどのように記入してよいかが分からないという人も多くいます。
ご祝儀は、ご祝儀袋に入れて渡す必要があります。祝儀袋には、誰からのものか分かるように、自分の名前を記入しましょう。
名前を記入する際には、毛筆を使いましょう。ボールペンなどで記入してしまいがちですが、ボールペンだと事務作業的な印象を与えてしまいます。
また、祝儀袋に入れるのは新札にする必要があります。
このように、結婚式には様々なマナーが存在します。その中でも重要なのが、服装に関するマナーです。
服装のマナーを違反すると、非常に目立ってしまい常識を知らないことを周りに宣伝しているようなものです。
服装のマナーを知って、結婚式で恥をかかないようにしましょう。

レンタルのドレス

結婚式の服装としてふさわしいドレスを購入するのは、出費が大きくなります。購入したドレスの管理も大変です。そのような場合は、レンタルのドレスを利用しましょう。インターネットのサイトなどで手軽に借りられます。

この記事の続きを読む